「考坊・タッキーN」のトップページへ戻る

タッキーNDTM考坊制作・音楽演奏のページ




Photo by KAZUO-W  '08.04.27  ベルギー・ブルージュにて ( Canon EOS 40D )

曲目11 ヨハン=ヤコブ・ファン・エイク 「涙のパヴァーヌ」による変奏曲
  
この曲のMP3版へ '08.06.10 追加  88系GS音源に接続していない方はMP3でお聞きください



この曲は ヨハン=ヤコブ・ファン・エイク(アイク)
 (1590?-1657); (オランダ)の「涙のパヴァーヌ」による変奏曲 です。

原曲はダウラント(1563-1626);(英)がリュート独奏曲として作曲した
「涙(ラクリメ)のパヴァーヌ」です。後から歌詞をつけた
「流れよ、わが涙 Flow my Tears」 (リュート伴奏の歌曲版) 
とともにヨーロッパ各国に広く知られていたようです。
冒頭の下降する4つの音が涙を表しているようで、哀愁感が漂う名曲です。

オランダのユトレヒトで活躍した盲目のキャリオン奏者で、リコーダーの名手
でもあったファン・エイクは、この曲をリコーダー曲集「笛の楽園」のなかに
変奏曲としてとり入れました。当時、有名だったこの曲を、
リコーダー演奏家や愛好者のために演奏させようとしたのでしょう。
曲目No4の「イタリア風・・・・」と同じく「ディヴィジョン形式の変奏曲」です。
この演奏のように、原作者のダウラントが作ったリュート伴奏での
ものがいいですね。

リコーダー愛好家なら、一度聞いただけで、心に留まってしまって
「いつか自分も吹いてみたい」と思う曲が何曲かありますが、
この曲もそんな中の1曲です。・・・・ベストONEかもしれませんね。
この曲をF・ブリュッヘンの演奏なんかで聞いて、”リコーダーの
とりこ”になってしまったかたも多いです。(タッキーNのようにね・・・)

タッキーNのベスト3ならあとは「ラ・フォリア」が残りましたね。

控えめに淡々と秘めた何かを語りかけてくるようなリコーダー演奏。
そんな感じはMIDIでは表現できませんが、すこしだけでもタッキーNの
この曲に対する思いが伝わればうれしいですね。

曲はMIDI・DATAです。外部MIDI音源に接続していないときは
あなたのパソコンに内蔵されている音源(ソフトシンセサイザー)により
演奏されます。そのため、制作者の意図に反した音色やバランスになります。
DTN考坊(タッキーN)の外部音源はsc8850です。

この曲をお聞きになったご感想や今後のリクエストがありましたら
メールにてお知らせください-- [曲目を選ぶページ] から送信できます。
  メール アイコン

「曲名」などの検索から偶然このHPに訪問の方へ
「リンク」される場合はトップからご一報ください

inserted by FC2 system