atelier Takky-N atelier Takky-N atelier Takky-N atelier Takky-N atelier Takky-N atelier Takky-N
  ここは「考坊・タッキーN」の [DTM考坊]-[MP3を聞くページ]です



ルミナリエ KOBE 2005   Photo by Koutyan/NOJIRI '05.12.17
この画像は撮影者であるKoutyanさんの了承を得て少し編集しています。
この絵に合う曲をいろいろ試してみましたが、強烈な光の迫力に対しては、やはり、
控えめに訴えてくるような曲がいいかも? と思いショパンにしてみました。
パソコンによりMP3は再生に差があるようです。音量を調整してお楽しみください。

page start '05.12.22 


このページはタッキーNのDTM考坊での制作曲をMP3でお聞きいただきます。  このサイトでのMP3とはMIDIDATAを「MY外部音源-SC8850」で演奏させパソコン内に録音させたものです。
今回のプログラムは、
(時々思いついては・・・ですが)10年以上をかけて手直し続けた曲です。それでもまだ未完成で、今後も手を加え続けます。
MP3ならではの緻密な演奏をお楽しみくださればうれしいんですが・・・いかがでしょうか?



MP3 曲No.13
& 32

F.F.Chopin:

ショパン:

前奏曲 プレリュード
第4番 ホ短調 Op.28-4

(2回演奏)

夜想曲 ノクターン
第20番 嬰ハ短調
[遺作]


約5秒で演奏が始まります
エンドレス・連続演奏
ノクターン[遺作]
映画「戦場のピアニスト」の冒頭で演奏された曲ですが、タッキーNは10年以上前から、DTM演奏に取り組んでいる数曲のなかのひとつです。
この曲の楽譜は「ノクターン集」でなく「小品集」のほうに掲載されています。
ピアノ曲としてはいろんなCDで演奏されているので、今回は本格的なディスク・オルゴール風の音色にしてみました。
冷え切った冬の遠くの夜空から聞こえてくるような、透明感溢れるショパンになっていれば・・・・いいんですが

プレリュード(前奏曲)第4番 ホ短調
ショパンの葬儀(1849)で演奏された曲として有名だそうです。
むかし、日活映画で(タイトルや内容は忘れましたが・・・)挿入曲として聞いたので耳に残っていて、何度もCDを聴いては編集を繰り返した曲です。
伴奏の左手は和音で8分音符が続きますが、ロマン派特にショパンの演奏では均等に演奏されることはありません。各小節ごとに1拍目はテンポを抑えて始まり2,3拍目でその遅れをとり戻すように少し速くし最後の4拍目のあと拍で次の小節へ移る準備をするかのようにまたテンポを溜めます。でも、常にそれでいい訳ではないから・・・というのは、その上に乗ったメロディーはフレーズごとに歌うためテンポ的にも変化するので この影響も受けるから複雑です。このあたりのことが自然にテンポ表現できないのは「日本人なのに西洋音楽をやろうとする無理」という壁のせいなのかも?と思っています。1曲目のノクターンもそうですが、どうやってもいわゆる素人っぽい演奏になってしまうのです。
この曲はピアノをギターに変えたことで、「なんとなくショパンらしく聞こえて」こないでしょうか?

このMP3での演奏と、ほかのページのMIDI用音源での演奏の音量の差が気になるときは
タスクバーのスピーカー・アイコンを右クリックし→音量コントロール画面で調整してください。
WAVがMP3、SWシンセサイザーがMIDIの音量です。MP3については「Q&A」もお読みください


連続演奏を
MIDIで聞ける
デジカメギャラリー
のページへ(調整中)


1曲ずつ指定して・解説つきで
お聞きいただけます


「考坊・タッキーN」の
トップページへ戻る
タッキーNにメールも
送信できます!



「曲名」などの検索から偶然このHPに訪問の方へ
「リンク」される場合はトップからご一報ください



atelier Takky-N atelier Takky-N atelier Takky-N atelier Takky-N atelier Takky-N atelier Takky-N

inserted by FC2 system