「考坊・タッキーN」のトップページへ戻る

考坊・タッキーN 制作曲演奏のページ

open 2010.12.7




Brugmuller, Johann Friegrich  ブルグミュラー(ブルクミュラー)、ヨハン・フリードリヒ(1816〜1874)

曲タイトル data 演奏スタイル
ブルグミュラー(ブルクミュラー)練習曲18番 Burgmuller 18ETUDEN - Op.109-2 & 5
TN69-178 No.2  真 珠

256kbps 6.19MB tempo.72 3:18 in C
MP3 Rec. 2010/11/03
ピアノソロ、
+ストリンブス
 連続演奏

TN69-179
No.5 泉  V . 1

256kbps 4.56MB tempo.100 2:25 in F# (-1)
MP3 Rec. 2010/11/11
オルゴール
音色
No.5 泉  V . 2

256kbps 3.73MB tempo.116 2:02 in G
MP3 Rec. 2010/11/22
ピアノ
No.5 泉  V . 3

256kbps 3.85MB tempo.116 2:02 in G
MP3 Rec. 2010/11/22
ピアノ+ストリングス

ブルグミュラーはドイツの作曲家。パリでサロンふうの歌曲やピアノ曲の作曲家として活躍。子供用のピアノ小品は今日も広く演奏されている。(音楽の友社:音楽中辞典より転載)
この2曲はリコーダー演奏用でなく純粋に観賞用として制作しました。ピアニステェックな感じがよくでているかな?
♪♪♪
No.2「真珠」は何回連続して聞きなおしてもすがすがしいといいますか、ほんと気持ちのいい曲とタッキーNは思っています。同じ曲を2回繰り返していますが2回目の途中からストリングスパートを沿わせてみました。普通の演奏はどこでも聞けますし、このスタイルが好きなのです。考坊流ということでお許しください。
その後、「真珠」を少し手直ししてみました。ぜひそこまでやりたかったことなんですが、どう変えたかわかります?(答はすぐ下に↓)
@ 繰り返しに加えたストリングスのパートに低音チェロの声部を更に追加し上2声のラインと応答するようにしてみました。
A ピアノ右パートでの上昇・下降2オクターブのスケールを左右に揺らしてみました。(たとえば、上昇の場合は高音に行くにつれて少し右に音が移動します)これはほんのわずかなのでヘッドホーンでないとききとりにくいかも。でもなんとなくこのパートの音がまえより際立ったように思えません?
♪♪♪

No.5「泉」もバージョンv.3 としてストリングスパートを加えた演奏をくわえてみました。主役はあくまでピアノで、これに沿うように控えめな持続音を途中から加えていますがほんと目立ちません。なにかひと工夫したかったのですが・・・・いいアイデアは出てきませんでした。この曲はv.1がオルゴール音色。v.2はピアノソロ、v.3がこれにストリングス2パートを加えたもの。これで1セットとなります。
 

この曲のmidi音源は sc8850 のみで演奏させています。



 「考坊・タッキーN」のメインゲートへ戻る

   
inserted by FC2 system