Takky-N atelier Takky-N atelier Takky-N atelier Takky-N atelier Takky-N atelier Takky-N atelier

     考坊 Top(HOME)へ

 考坊:タッキーN − ブログ的更新MEMOの保存ページ 2017.3.1 - 2017.5.31 

最新のブログ的更新MEMOの保存ページへ


以下の ” このページ ” とあるのは [考坊トップページ (HOME) ] のことです


このページは「考坊・タッキーN」過去の更新記録2017.3.1 - 2017.5.31

■ 2017.5.31
交流戦に突入

■ 2017.5.20-28
大相撲夏場所結果

■ 2017.5.1-4
GW

2017.4.30
J,S,バッハのBWV639

2017.4.16
ペギー葉山「学生時代」

2017.4.13
カラオケ2曲
コブクロの「桜 in G」と「イタリア風グラウンド上のディヴィジョン」


2017.4.10-16
プロ野球が開幕して約半ヵ月

■ 2017.4.8
新曲公開 グリーグ:「朝」「ソルヴェイ(グ)の歌」

■ 2017.3.26
大相撲3月場所

■ 2017.3.23- 4.3
春の高校野球


■ 2017.3.18
新曲再公開「さくらのうた」


■ 2017.3.16
大相撲3月場所

■ 2017.3.12-13
新曲公開「この街で」

■ 2017.1.27
大相撲初場所
演奏させる方法 - - -

このボタンも回転しますがリンクはしていません。
    
回転している【CDのイラスト】ボタンをクリックするとWMP(ウィンドウズ・メディア・プレーヤー)が開き自動で演奏が始まります。この時のWMPウィンドウの位置・サイズと音量は前回に開いた状態です。変更すると次回にも反映されます。音量をこのほかのページと同じ程度にしたいときはWMPのボリュームをちょうど中間にしておきます。
リピート演奏させるにはWMPの再生メニューで連続再生(T)を設定してください。逆のケース、繰り返しせず1回で演奏を停止させてたい場合も同じく連続再生を解除(チェックをはずす)です。
このページは演奏させる曲数が増えていくのでこの方法に変更します。
WMPのプレイバーは表示を徐々に中止します。取扱いになれてね。
このサイト内の主なリンク先 ページ↓







曲目を選ぶページへ


このサイト「考坊・タッキーN」は・・・・

・介護の必要な高齢の方々・障がいのあるあなたに〜

・そのお世話をしているご家族の方々・ヘルパーさんやスタッフのあなたに〜

・リコーダーの演奏を趣味としているあなたに〜

・そして、タッキーNの友人・知人で音楽好きなシニアのあなたに〜
(ここでは65歳以上の方をシニアグループとしています)

そんな皆様のために パソコンから演奏される音楽をデジカメ画像つきでお届けしています

「考坊」は工房をもじったもので「アトリエ」のつもりです

各ページには タッキーNの「いやし系の音楽」と「文字でのおしゃべり」と「デジカメで描いた絵」が散乱していますが どうぞ ゆっくりしていってください

<お願い> このサイトはタッキーNの友人・知人用です。著作権に抵触しそうな曲のページへの「直リンク」や音楽演奏・歌詞の「保存」「DL」「転用」は堅くお断りします。

2017.5.31 交流戦に突入
昨日(30日)よりJPNプロ野球はセ・パ交流戦に入りました。わずか3週間、18試合ですがこの期間で流れが大きく変わるチームが毎年けっこう多いです。昨年はパ60勝、セ47勝でした。さて3週間後はどうなっているでしょう?
交流戦の始まる前、5月28日現在の順位表を掲載しておきます。
上段6チームがセリーグ、下段がパリーグです。
 

2017.5.20-28 大相撲夏場所結果
大相撲5月夏場所が14日(日)初日で始まっていますね。今場所も優勝レース実況をやってしまいます。
今場所は表示形式を変えてみました。(分かりやすいでしょうか?)
七日目を終わって小結以上の三役力士の勝数と対戦済相手とがどうだったかを示してみました。対戦相手に勝ったときは何日目か、負けた時は[ー]表示にしてみました。 本日迄終了で下の表のようになっています。
全勝は7勝で、日馬富士・白鵬、追う1敗は大関昇進候補で注目の高安、2敗で稀勢の里、両大関と玉鷲です。鶴竜は5日目から休場。
緑色のマス目より左側の赤マスは上位力士に勝ったということなので嘉風がすごいです。
七日目で前頭の最高は5勝で9名。さて、この後の優勝争いのレース展開が楽しみです。

十日目―稀勢の里は昨日に続き連敗、4敗で優勝レースより後退。高安も2敗目で1敗力士なし。好調両横綱日馬富士白鵬が無敗で並走。前頭の先頭は2敗で正代・栃ノ心・宇良の3力士。
十一日目―日馬富士は関脇・御嶽海に敗れ1敗。稀勢の里休場で玉鷲は不戦勝。2敗は照ノ富士、高安と前頭の栃ノ心、宇良
十二日目―白鵬全勝、貴ノ岩休場で日馬富士不戦勝(1敗)。2敗は照ノ富士・高安宇良
十三日目―日馬富士高安に敗れ1敗無し。全勝の白鵬明日勝てば優勝。
十四日目―白鵬、照ノ富士を下して1年ぶり38回目の優勝。

    
 敢闘賞:阿武咲  技能賞:安、嘉風  殊勲賞:御嶽海  十両優勝:錦木(10勝5敗)

2017.5.1-4 GW
今年も早く(速く)も5月になってしまいました。でも おかげさまで 悔いのない日々の繰り返し となっています。
そして、今のページですが[ブログページ]らしくなってきたでしょう?
この先も少しずつですが手を加えていきます。 (ほかのページも訂正や変更したいことがあるんですが・・・ 
今のページにもカウンターを付けてしまいました。Top(HOME)ページから移動すると2カウントとなります。カウント数のUPしていくことがせめてのささやかな楽しみになっています。いったりきたりしてェ〜 ご協力、よろしくお願いします。
    
 2017.4.30 JSバッハのBWV639
このページのBGMをまたもや変更します。このサイトの開設主旨のひとつでもある《J・S・バッハの曲》をお聴きください。
「オルガン小曲集」の中から再々登場のBWV639「主イエス・キリスト われ汝を呼ぶ」です。このページでもバッハ曲の聴ける番組として紹介したNHK-ETV 4/23 放送の「クラシック音楽館・ドイツオルガン紀行」での鈴木雅明のオルガン演奏の音声のみの録音です。教会での本物のパイプオルガンで音色や響きと奏者の演奏解釈をお楽しみください。
ただし本来の公開主旨に沿わないので短期間で自作のDTM曲にもどしますね。

   パイプオルガン 鈴木雅明  (4/30 追加)     
     NHK-ETV 4/23 「クラシック音楽館 ドイツ・オルガン紀行」より
     MP3 '17. 4.30 2:55 128 kbps  ♪TV-Ba-Og639-MSuzuki.mp3

回転している【CDのイラスト】をクリックするとWMP(ウィンドウズ・メディア・プレーヤー)が開き自動で演奏が始まります。詳しくは更に上の赤い色の文をよんでね。

この曲については単独演奏のページに解説しています。 バッハ曲専用会場」  から入ってください。
今回のテレビ番組ではこの曲についての解説はなく、演奏に使われたパイプオルガンについての詳しい説明が鈴木雅明氏よりありました(アルテンブルクの城内教会にあるトローストが制作のオルガン)。またこの楽器のある教会やその町についてのテロップが流れていました。
「オルガン小曲集」については『バッハが教育のため讃美歌を編曲した小品集で“短くシンプルでありながら一曲一曲が変化に富み、多彩な音色を持つこのオルガンの可能性を十分に引き出すことができる”』とあり、BWV599/BWV604/BWV607なども演奏されていました。

今回の演奏を聴いて、音色、特に音の震え(トレモロ効果?)に驚きました。パイルオルガンはヴィブラートは無いと思っていたので、そういえばフルート系の音でなにかで聞いたことがありました。あれはどうやって音を震わしているのか?モーターでファンのようなものを回しているのか?電気のない時代は人力か?
それならばと、自作のこの曲を聴き直し少し手を加え、テンポも鈴木氏に沿ってみました。何度目のエディットになるのか・・・たぶん自作のDTM曲の中では最多でしょうね。
それでは、こちらもお聴きください。

    DTMパイプオルガン TAKKY-N7555      
     MP3 '17. 4.30  2:55  128 kbps  ♪HCB-Ba-Og639-V3.mp3


('17.5.4 この項、追加)
予告していませんでしたが、上のTV放映のあとわずか10日以内で偶然にも同じ曲「主イエス・キリスト、我なんじを呼ぶ」(BWV639)がNHKFMで放送されました。5/2 PM7:20-「ベストオブクラシック-ロレンツォ・ギエルミ バッハ・オルガンリサイタル」という番組でした。池袋にある東京芸術劇場コンサートホールで2016/2/11のコンサートを収録したもので、そのアンコールで演奏されたようです。録音もうまくできたのでこちらも聴き比べてみてください。音色と響きはかなり違いがあり、テンポは速く楽器のピッチは低いです。(同じNHKなのにタイトルの漢字の使い方がちょっと異なっていますね)

   パイプオルガン  LORENZO GHIELMI(1959- ITA)  
   MP3 '17.5.4  
2:41  128 kbps  ♪FM-Ba-Og639-LGhielmi.mp3

('17.5.15 この項、追加)
こちらは昨年(2016,H28)4/25 NHK-FM「古楽の楽しみ」で放送された同じ曲で「イエスよ、私は主の名を呼ぶ BWV639」と紹介されていました。使われた楽器や場所は不明ですが、演奏者は(オルガン)ピート・ケー(オランダ);とのMCで、バッハのオルガン曲特集だったので録音していました。さらに聴き比べてみるのもおもしろいかも?

   パイプオルガン Piet(Pieter William) Kee (1927- )   
   MP3 '17.5.15 2:55  128 kbps  ♪FM-BW09-C3-639m.mp3  

('17.7.24 この項、追加)
こちらは昨日7/23 NHK-FM「名演奏ライブラリー」で放送された同じ曲のピアノ版です。1950年若くして世を去った(夭折・ようせつ)、ルーマニアの天才ピアニスト、ディヌ・リパッティの1950年33歳の演奏、モノラルです。(この曲だけ?は、ほおっておけませんね〜)

   ピアノ Dinu Lipatti , 1917年生まれ     
   MP3 '17.7.24 2:59  128 kbps  ♪FM-BW-639m-Pf.mp3  


 2017.4.16 新曲公開 ペギー葉山「学生時代」
このページのBGMを早々と変更します。「学生時代」(S.39)です。ペギー葉山さんがつい先日(12日)に亡くなりましたね。1933年生まれなので83歳でしょうか?出身校は青山学院女子高等部でこの曲の作詞作曲者である平岡精二さん(1931-1990) も同じ青山学院の出身です。(大学経済学部S29卒)
そう、本楽曲は青山学院が舞台となっています。ミッションスクールでの学生時代の雰囲気が歌詞の「蔦のからまる チャペルで 祈りを捧げた日」や「讃美歌を歌いながら」、「十字架を見つめて」などにうかがえますね。
今では箱根駅伝のほうで有名。
タッキーNの出身校も同じくミッションスクールだったので、また、MY卒業年度がこの歌のリリース年(S.39)だったことも重なって、思い入れのある曲となっています。この年は東京オリンピックの開催年、並べることではありませんが我がにがくつたない社会人1年生の年でした。

今回の演奏はTN-66歳のころ制作したのですがなぜかこのサイトでは公開していませんでした。なので少し響きを手直しして再録音しています。(たぶん、二木紘三氏のサイトからMIDIDataを拝借したのだと思っています。当時はMDIそのものの演奏だった?---今はブログでMP3です《ニ木紘三のうた物語》)

キーはアルトリコーダー用にイ短調 ( in Am/Bm )に移調していまです。

   タッキーN-DTM考坊管弦楽団、(指揮)TAKKY-N (4/16 追加)
     TN6618 128kbps 3:27 /再MP3 '17.4.15    
              http://dtakkynm.web.fc2.com/HJN-GakuseiJidai-Am.mp3    

             
   同じ演奏カラオケ版(in Am/Bm)    
           http://dtakkynm.web.fc2.com/KJN-GakuseiJidai-Am.mp3
             
 歌詞はhttp://j-lyric.net/artist/a000529/l000ab0.html などにあります。

   YouTube より音声のみ録音(in Gm-原調) 
   ペギー葉山さんの歌唱、1,3番です。    
          http://dtakkynm.web.fc2.com/YT-GakuseiJidai-GmPHayama.mp3
             
 借用元:https://www.youtube.com/watch?v=gaI9N8izZGsにあります。
     ペギー葉山さんのご冥福をお祈りいたします。

 1 蔦(つた)の絡(から)まるチャペルで 祈りを捧げた日
   夢多かりしあの頃の 想い出をたどれば
   懐かしい友の顔が 一人一人うかぶ
   重いカバンを抱えて 通ったあの道
   秋の日の図書館の ノートとインクの匂い
   枯葉の散る窓辺 学生時代


  2 讃美歌を歌いながら 清い死を夢見た
    何のよそおいもせずに 口数も少なく
    胸の中に秘めていた 恋への憧れは
    いつもはかなく破れて 一人書いた日記
    本棚に目をやれば あの頃読んだ小説
    過ぎし日よわたしの 学生時代


   3 ロウソクの灯(ひ)に輝く 十字架をみつめて
     白い指を組みながら うつむいていた友
     その美しい横顔 姉のように慕い
     いつまでもかわらずにと 願った幸せ
     テニスコート キャンプファイヤー
     懐かしい日々は帰らず
     すばらしいあの頃 学生時代
      すばらしいあの頃 学生時代


 2017.4.13
カラオケ2曲
アルトリコーダー用カラオケのページに2曲追加しました。コブクロの「 in G」と「イタリア風グラウンド上のディヴィジョン」です。「イタ・グラ」のほうはテンポ2種類と「あの名演奏」でお楽しみください。
⇒  リコーダー講座 から見つけてね。

 2017.4.10-16 プロ野球が開幕して約半ヵ月
タッキーNは神戸在住なので、それほど熱狂的ではありませんが、阪神タイガースファンです。なのでテレビの前で“虎の第二監督をやっています。(ごめん、関西圏なのでアンチ巨人です)
やっと今年もプロ野球ペナントレースが始まりましたね。AM中はメジャーリーグで活躍する日本人選手たちを応援しながらBS観戦、夕刻からはセ・パリーグをチャンネル-リモコン-ピッ・ピッとさまよいながら過ごしています。
WBCでは試合の最後までTV放送があったので勝敗を競うゲームを楽しむことができましたね。
でも、どうして今年も民放局では途中でも放送を切ってしまうのでしょう?サブチャンネルやリレー放送を増やして、どう最後まで試合が展開し結末に至ったかをリアルタイムで楽しめるようにしてほしいものです。
やたら節操のないCMばかりが増え、デジタル放送化の恩恵が無視されていますよ〜 大勢の国民があの前後テレビを16:9に買い変えたのに。。。
さて、今季開幕後の各チームの勝敗結果が下の表です。両リーグとも同じような順位関係です。
1位が飛びぬけ少し離れて2、3位は接近していますね。
でもレースはまだ始まったばかり。ひとつの節目である交流戦開始前の5月末はどうなっているでしょう?

 (48)

 2017.4.8 新曲公開 グリーグ:「朝」
季節は春真っ盛りとなっていますが、やっとこのページのBGMを変更します。
数あるクラシック名曲の中からグリーグの「朝」です。
            
今回の元の音源は2台のピアノ版[http://www.kunstderfuge.com/grieg.htm]ですが、ソプラノリコーダーで演奏できるよう手直ししています。原調はホ長調(in E)ですがハ長調(in C)に移調し途中をカットしています。オーケストラ曲をピアノ用に編曲したものも数種類あり、そのうちのどれかに出くわせたようです。

昨日(7日)、FM放送でミカラ・ペトリのリコーダー演奏でこの曲を聴いたので、それではTAKKYも、とわずか1日で作ってしまいました。
    
 (管弦楽)ロンドン・フィルハーモニー管弦楽団、(指揮)ジェームズ・ジャッド
   (NHK-FMより)
  

なんとも、さわやかにして壮大な「朝」の大自然の風景ですね。ほんとのCDから録音しておいて毎朝聞いてもいいとも思います。
     
(管弦楽)東京フィルハーモニー交響楽団、(指揮)岩村力
   (NHK-FMより)
  

上の演奏やCDに比べると当然物足りない演奏ですがお楽しみいただければうれしいです。

物語「ペール・ギュント」の作者はヘンリック(ヘンリク)・イプセン ノルウェイの劇作家・詩人・舞台監督。(1828-1906)
この戯曲の詳しいストーリーは未知ですが、主人公ペール・ギュントが長い旅に出て年老いて帰ってくるまでの物語。
故郷で帰りを待っていたのが「ソルヴェイ」。第二組曲の終曲「ソルヴェイ(グ)の歌」も有名。

         タッキーN-DTM考坊管弦楽団、(指揮)TAKKY-N (4/12 追加)
            


            考坊 Top(HOME)へ   このページのトップへ  

      Welcome to
  考 坊・タッキーN





2017.3.26 大相撲3月場所
大相撲春場所が千秋楽となりました。13日目から稀勢の里を巡ってすごいドラマがありましたね。
立ちふさがったのは、ほらっ、「外人力士」だったでしょ。日馬富士と鶴竜がもし日本人力士だったら・・・あんな内容での勝敗になっていたでしょうか? あれはね・・・ まあ、いいか。 もっとも嫌われ役かと思った「照ノ富士」は意外と「相手の気持ちを気にする優しい人がら」だったりして。。。
14日目、15日千秋楽の出場が稀勢の里のこの後の相撲人生にどう影響するのか?やはり無理し過ぎたのでは?「心意気」って何事によらず大切ですが、いつもその根底にあるのはやはり健全なる体調、体力ですよね
    
  優勝:稀勢の里 殊勲賞:高安 敢闘賞:貴景勝 十両優勝 豊響でした。
2017.3.23- 4.3 春の高校野球
今年の選抜高校野球大会の勝ち残り最終結果ページです。 ⇒ 2017 第89回 選抜高校野球 速報!勝ち残り表 

  
      

大会歌「今ありて」もこのページでお聞きいただきます。この歌は平成5年の大会から新しく変更された曲ですが「夏の大会歌」とはまた一味違った趣をもった曲のように思います。 歌い続けているのは「神戸山手女子高等学校」の生徒さんたちです。速報ページに歌詞も掲載しました。
3回も出てくる『あ〜甲子園・・・・』のところでは甲子園球場の北西背景にある六甲山の山並みが浮かんで来て なぜか涙腺がゆるんでしまいます。(タッキーN75 だけなのかな〜)

タッキーNは高校・大学と「阪急電車六甲駅-甲東園駅間」を通学し学生生活を過ごしました。
その後何十年もたったあとのタッキーNが53歳以降の曲なのに なぜなんでしょうね、この
歌詞と曲で、その7年間のことが昨日のことのようにあざやかによみがえってくるのです。

今回の音源は今年の開会式を録画したNHK-TV放送の音声のみをパソコンに再録音したものです。
  
 このページのトップで演奏スタートさせていないときのみ GO!

この格調高い名曲が開会式に流れるだけ、というのはもったいないというか、残念です。大会期間中毎日1回どこかで聞きたいですよね。(タッキーN75 だけなのかな〜)
2017.3.18 新曲再公開「さくらのうた」
3.6日までこのページでお聞きいただいていた「さくらの歌」を ⇒単独ページ で再公開しました。これからさくら前線が日本列島を北に向け縦断するので、やはり今年はこの曲でお供ということにしたいと思います。「吹奏楽のひびき・考坊版特別放送」として参考演奏も同時公開しています。吹奏楽ファンのかた、お楽しみください。
2017.3.16 大相撲3月場所
大相撲大阪場所、花粉と黄砂、そしてもうすぐ選抜高校野球、桜開花便りと 春らしくなにかとざわめいてきましたね。
このページに今週始まった大相撲春場所の優勝レース速報を掲載することにしました。本日5日目で全勝力士が5名。新横綱「稀勢の里」も加わって優勝争いレースが面白くなりそうですよ。
でもね、あまり十何年振りの日本人横綱という騒ぎ方はよくないのでは(報道メディアや大相撲関係者)・・・・ 国技である大相撲にモンゴルなどの”外来・輸入力士”を日本が認め、歓迎し、結果として実力を発揮した外国人力士が永年「相撲界」を盛り上げてくれて今があるのでしょう?
2017.3.12-13 新曲公開「この街で」
このページのBGMをお知らせなしで3/6より変更しています。長期間、「さくらのうた」をお聴きいただきありがとう。
今回の新曲「この街で」は 単独ページ も同時に公開。そこでこの曲のくわしい解説もご覧あれ! おまけページ、リンクあり。
カラオケページも作りました。 リコーダー講座 からリンクしています
■2017.2.22
長田公民館リコーダーグループ「タッキーNに学ぶリコーダー」今年のフェスティバル演奏曲を連続して練習できるカラオケページを作りました。 リコーダー講座 からリンクしています。
 メンバーへ⇒今回でなんと6回(年)目なのだ! 最終リハ後・あと10日あるので楽しく吹きまわっておいてね。
2017.1.27 大相撲初場所
このページの大相撲初場所 勝星上位力士一覧は閉鎖しました。
幕内優勝力士は稀勢の里、敢闘賞・高安、殊勲賞・高ノ岩、技能賞・御嶽海・蒼国来。十両優勝は大栄翔でした。一応ここに記録しておきます。
     

稀勢の里は横綱昇進が決定。若乃花以来途切れていた日本人力士横綱の19年ぶり登場となりました!
でも今回は14勝1敗でしたが、先場所は12勝、先々場所は10勝。また今場所は鶴竜・日馬富士・豪栄道が途中から休場、大関のあとの2人は不調・負け越しの照ノ富士・琴奨菊なのでまともな相手は白鵬のみ。・・・・ちょっと早すぎるのでは?もう1場所様子を見てからでよかったのでは、と思います。
とりあえず次の春場所は11〜12勝程度でいいので、「勝ちたいあまり無理な相撲をして故障、休場」なんてならないようにして欲しいね。


 曲の更新メモ( History )は プロフィール のページ末にあります。
 このページのトップへ  考坊 Top(HOME)へ

inserted by FC2 system inserted by FC2 system inserted by FC2 system