「考坊・タッキーN」のトップページへ戻

タッキーN DTM考坊制作・音楽演奏のページ




このページはタッキーNのDTM考坊制作中の音楽をお聞きいただくページです。
わざわざこのアトリエまで訪問いただきありがとう! 
ただ今MP3録音テスト中ですが試聴できます。聞きたい演奏のスタートボタンをクリックしてください。

1回のみで演奏ストップしますが、演奏中に他を選ぶときは一旦ストップさせてください。



曲目 JN126- 花 の 街  (2009.8.5-6 録音) 
126 -A in F  ・02'27" 224kbps・Tempo=80
126 -B in Eb-F ・02'27" 224kbps・Tempo=80
126 -C

作詞:江間 章子 / 作曲:團 伊玖磨 昭和22年公開の「花の街」です。
江間さん
1913〜2005(えましょうこ)は「夏の思い出」(中田喜直:作曲)の作詞でよく知られています。
当時の東京は空襲の残骸と戦後の混乱で、瓦礫と闇市に埃が濛々としていた。
江間章子はNHK「婦人の時間」の委嘱で”今に東京にも花咲く街になってほしい”
という夢と希望を託して、この詞を書き上げた。
”荒れ果てた当時の日本を見ていた私は、私の心に抱いていた幻の理想の街、神戸を頭に
思い浮かべて書いた。神戸へは行ったことはなかったが、乙女心に神戸というエキゾチックな
街に憧れていたのですよ”と述懐している。

                                (日本抒情歌全集1の解説より)


神戸市在住の「タッキーN」としてはやはりうれしいですね。
神戸の人が札幌に惹かれるような感性でしょうか?


2. 美しい海を見たよ / あふれていた 花の街よ
輪になって 輪になって 踊っていたよ 
春よ春よと
(歌いながら?) 踊っていたよ


この曲はある歌声サークルで演奏しようと制作したものです。アルトリコーダーでは
Eb・変ホ長調で始め 3回目のみ2度上げてF・ヘ長調に転調して演奏しています。
手元のコーラース用の市販楽譜ではへ長調ですが、中高年の女性が歌うときは
変ホ長調のほうがいいのでしょうか?(Bb3〜C5) 歌声用伴奏では音域でいつも悩みます。
上の引用解説と歌詞の一部、 参考にした元のMIDI DATAは ↓のURLより
拝借させてもらいました。 http://www.fureai.or.jp/~t-mura/jojouka-hahanomachi.html 
メロディーパートをフルート音色に 2番から加わってくる下の声部をストリングスに変更し、
短い間奏とエンディングを加えていますが この部分に入るときのテンポがうまく決まりませんね。
全体のテンポはいまの時代に合わせ少し速めにしてあります。

この曲についてもっとくわしくお知りになりたい方は ↓のページをごらんください
http://www.ne.jp/asahi/sayuri/home/index.htm
池田小百合氏のサイトから なっとく童謡・唱歌のページにあります。

他のテスト中の曲もお聞きいただけます
いま制作中の曲:<テストのページ>目次
から移動して試聴ください

この曲をお聞きになったご感想や今後のリクエストがありましたら
「曲目を選ぶページ」から、メールにてお知らせください。



 「考坊・タッキーN」のトップページへ戻る

   
inserted by FC2 system