「考坊・タッキーN」のトップページへ戻る

タッキーNのDTM考坊制作・音楽演奏のページ

曲目59
アンデス地方伝承曲から
D/A・ロブレス
MP3(128kbps)
コンドルは飛んで行く
花祭り

82007.4.25 start 2008.5.8 renewal
2曲目の「花祭り」はペルーでなくアルゼンチンの曲です。

コンドルは飛んで行く(El condor pasa)

単独演奏のページを公開するにあたり、再度この曲について調べてみました。
以下はあるサイトの解説文より一部省略・言い回しを変えて掲載させてもらいました。

18世紀、インカ皇帝の後裔(こうえい)といわれるトゥパク・アマルは、
スペインの統治に対して部下を率いて反乱を起こします。しかし
スペイン軍に捕らえられ処刑されてしまったのです。彼は死後コンドルに生まれ変わり、
今もなおアンデスの空から見守っていると語り継がれています。
そのコンドルの勇姿を描いた曲こそ、誰もが知っている
アンデスの音楽を代表するこの曲なのです。
ペルーのワヌコ地方出身の作曲家であり、民謡研究家のダニエル・アロミア・ロブレス
Daniel Alomia Robles)が1913年にインカ王女をテーマとした
サルスエラ(一種の民族オペラ)のために書いた曲で、ロブレスは
もともとペルーに伝わる伝承曲のワンフレーズを展開してこの曲を書いたようです。
この曲が世界的に知られるようになったのは、
1970年に
サイモン&ガーファンクルが採り上げたのがきっかけ。
このバックで演奏していたのがロス・インカスというコンフント(楽団)です。
http://www.geocities.co.jp/Hollywood-Miyuki/7886/top_ie.html より
曲ごとの解説やフォルクローレ全般に関する資料も満載!
このサイトに敬意をもって感謝。〔資料室〕から入ってください 2007.6.4
現在 確認済み


そうなのです。この曲にはこんな背景があったのです。
だからこそ聞く人の心をとらえていたのですね。
タッキーNが演奏するとほとんどの方が「この曲が好き」といいますね。


ここでの演奏は「考坊・タッキーN」でリコーダー用に編曲したものでお届けしています。
(Dm-Am) この編曲は最初は一応「ロス・インカス」のスタイルにあわせたつもりなんですが、
何回かリコーダーで演奏したり手直ししているうちにタッキーN流
(和洋折衷?かつ自己流)になってしまっていますので、
あくまで一人のアマチュア・リコーダー吹きの例外的演奏として聞いてくださいね。
リコーダーはここでもシンセサイザーで「タッキーNの生録」ではありません。

それらしい効果音をくわえてみました。(2007.11.28)
今回加えたバックの効果音は【中田 悟氏のサイトから試聴版を拝借しました。
 http://www.e-photography.co.jp/nakada/index.htm からアクセスできます


余談・・・ タッキーNはケーナも持っていますがいまは壁飾りになっています。


楽譜付き カラオケ「コンドルは飛んで行く」 のページは こちら です





お聞きになったご感想や今後のリクエストがありましたら 併設掲示板 へ投稿 または
メールにてお知らせください。
 メール送信は 「曲目を選ぶページ」 からどうぞ。

 「考坊・タッキーN」のトップページへ戻る
「曲名」などの検索から偶然このHPに訪問の方へ
「リンク」される場合はトップからご一報ください

inserted by FC2 system